MENU

せっかくセフレを作ることが出来たと思っていたのに、その相手が中学生で更には援助交際目的だった。この時の僕のショックと言ったら言葉にはならないほどでしたよ。何しろ女の子と二人きりで会うのは久々の事でしたし、何よりも性欲は爆発寸前でしたからね。ですが中学生に手を出すわけにもいきませんから、その日は仕方なく個室ビデオに行きオナニーをして自宅に帰りました。

 

が、事態はそれだけでは終わりませんでした。後日バイト終わりにふと携帯を見てみると「不在着信1件」の文字。着信履歴を開いてみるとそこに表示されていた番号の末尾は「0110」。「これってまさか…」と思い留守電を聞いてみると「○○警察の○○です。亀谷さんに児童買春の疑いがあるので詳しく事情を聞かせて下さい。御足労かけますが明日警察署まで来てください」というメッセージ。そうです。僕は先日の件で児童買春の容疑者になってしまっていたのです。もちろん僕は例の女の子に何もしていません。年齢を確認して怪しいと思いすぐに帰ったわけですから、むしろ良い事をしたと言っても過言ではありませんのでそのまま無視していようかと思いました。ですがこのまま放置しておけば家や学校に警察から連絡が入るかもしれないし、そうなれば冤罪に問われ大学を退学させられるという最悪の事態にもなり兼ねませんので、気は進みませんでしたが翌日警察署に自ら出頭することにしました。

 

幸いにも担当の刑事さんは物分かりの良い人で、事の次第を一部始終正直に話したところ全てを理解してくれ無罪放免となりました。万が一にも僕が警察からの出頭要請を拒んでいたら、今頃塀の中で臭い飯を食わされることになっていたかもしれません。中学生の女の子とセックスをしたことで逮捕されたら、もう立ち直りようがありませんよね。事なきを得て胸を撫で下ろしましたが本当に恐ろしい体験でした。セフレアプリを使う場合、それが安全かどうかキッチリ確かめることが重要だということでしょう。良い勉強になりました。

 

定番サイト登録無料
セフレアプリBEST5
3人のセフレを作った神アプリ